高血圧サプリで数値を自力で下げる元薬剤師のブログ

病院や降圧剤に頼らずに高血圧サプリと生活習慣の改善のみで数値を下げる方法を紹介しています

白井田七は血流効果もあります

高血圧の方の多くは原因不明の「本能性高血圧」といわれますが、その原因のほとんどは普段の生活におけるストレスです。

 

日中に受けたストレスの影響が就寝後も続き、血管が収縮して血圧が上がったままになるのです。その結果、睡眠時の血圧も下がりません。睡眠時の血圧がなぜ重要なのかはコチラの記事でお話したとおりです。

 

ストレス自体をなくすことはなかなか難しいと思いますが、重要なのは嫌な気持ちを引きずらないことです。まずは運動や旅行をしたり、好きな音楽を聴くなどして「楽しい」と思える時間を持つようにしましょう。

 

また、良質な睡眠をとることも非常に重要です。人は体が適度に疲れると、グッスリと眠れますので、日中にできるだけ体を動かすようにして下さい。体を動かさずに脳だけが疲れると眠れません。

 

昨今はスマホやテレビ、パソコンなどの普及で生活時間が夜にずれ込んでいる方が多いです。そのため、夜になっても心身が休息モードにならず、睡眠中も血圧が高いままになってしまいます。就寝ギリギリまで、テレビ、パソコン、スマホを見る習慣はやめるように心がけましょう。

 

 

また、血圧を下げるには朝食も重要です。私たちは夜間、汗や呼吸、排泄で水分を失います。就寝前と起床後の体重を比べると、ほとんどの方が1kgぐらい減っているはずです。それは夜中に失われた水分量です。つまり、朝は体が脱水状態なのです。

 

ドロドロの血液は血管内にコブを作り、血流を悪くして高血圧の下になります。ですので、朝は水分をたっぷりととって、血液をサラサラにする必要があります。

 

但し、水やお茶だけを大量に飲むだけ意味がありません。すぐに尿としてでてしまうからです。尿にはナトリウムやカリウムなどの電気質(ミネラルイオン)が含まれるため、体内のミネラルまで排出され、逆に体に悪影響を及ぼします。

 

オススメの朝食は和食定食です。ご飯と具たくさんの味噌汁、漬物、お茶でミネラル、食物繊維が取れます。水分を食物繊維と一緒にとると、水分が消化器官内に滞留する時間が伸び、少しずつ体に吸収されて、血液が濃くならずに済みます。

 

私も飲んでいるサプリメント「白井田七」には血流促進効果があります。まずは公式販売サイトだけでも見てみて下さい。

 

⇒ 白井田七の公式販売サイトはコチラ