読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

高血圧サプリで数値を自力で下げる元薬剤師のブログ

病院や降圧剤に頼らずに高血圧サプリと生活習慣の改善のみで数値を下げる方法を紹介しています

高血圧サプリと正しい生活習慣で血圧は改善します

血圧は普段の生活で大きく変動します。活発に活動している時は血圧が高くなり、安静時は下がります。例え1回の測定で基準値を超えていても、「高血圧だ!危険な状態だ!」と決めつけてはいけません。

 

例えば、暖かい部屋でクラシックを聞きながらリラックスした状態になれば、誰でも血圧は下がりますし、逆に家族にイライラして怒鳴りつけるような状態であれば、当然血圧は上がります。

 

ですので、血圧が基準値を超えているからといって、慌てて病院に行く必要はありません。まずは自分の暮らしを見直すことから始めてみましょう。高血圧の原因は生活習慣や住む環境、職場環境、ストレスなどです。これらに思い当たりがあれば、まずはそれらを改善すべきです。

 

食事に配慮して、生活習慣や環境を改善し、ストレスへの対処を工夫して、半年間に何度血圧を測っても最大血圧180mmHg以上、最小血圧110mmHg以上であれば、この時初めて医師への相談、降圧剤の服用を検討してみればいいのです。

 

但し、糖尿病や腎臓病など他の病気を既に持っている場合は、必ず医師と相談をして必要な治療を受けるようにして下さい。

 

 

ちなみに、「自分は健康である」「自分は年の割には若い」と思う人は、「自分は健康ではない」「自分は老けている」と思っている人よりも死亡率が低いというデータがあります。

 

血圧が高くても、それは年齢を重ねたことによるシワみたいなものですので、過度に気にする必要はありません。「血圧は高いけれど健康で、まだまだ若くて元気だ」これぐらいの気持ちを持つようにして下さい。

 

毎日の暮らしに張りを与えるためにも、日々出かける用事と行く場所、会う人を作りましょう。活発的に動けば、夜はぐっすりと眠れます。こういった毎日の蓄積が健康で且つ長生きを実現してくれます。

 

私たちの人生の目的は健康で長生きすることです。血圧を下げることではありませんので、無理はしないようにして下さい。

 

張りのある生活にプラスして、高血圧サプリとしても有名な「白井田七」を試してもらえば、年齢による不調や不安は改善されるはずです。

 

⇒ 白井田七の口コミはコチラ